1. ホーム
  2. 東北
  3. 仙台市・遊ぶ
  4. 瑞鳳殿

瑞鳳殿

交通 Traffic

JR仙台駅西口バスプール
15-3るーぷるで瑞鳳殿前下車

JR仙台駅西口バスプール
市営バス11、宮城交通12で
霊屋橋下車

瑞鳳殿地図

1つ戻る1つ戻る

  • 現在多言語対応準備中です。

瑞鳳殿

仙台藩62万石、藩祖伊達政宗のお霊屋。

写真 Photograph

仙台市民にお霊屋(おたまや)として親しまれる、仙台藩62万石 藩祖伊達政宗の霊廟。
戦国時代の雄、奥州の覇者、独眼竜政宗はここに眠っている。

仙台城のある青葉山の程近く、広瀬川を望む深い杉並木の奥、
藩政時代そのままの石造りの階段を登る。
夏の夕暮れは蜩(ひぐらし)、冬は雪景色、この参道も非常に趣き深く美しい。

石段を登りきると瑞鳳殿入り口、涅槃門にたどり着く。
豪華な彫刻が施されたその門の最奥に、桃山建築の粋を集めた政宗公の霊廟、
瑞鳳殿がある。

瑞鳳殿参道
▲樹齢370余年の杉も

瑞鳳殿は日光東照宮と同じく、豪華絢爛な桃山建築。
戦災で一度焼失するものの1979年に再建され、
2001年には再度改修が行われ創建当時の姿がよみがえった。

桃山建築は戦国の末期、武将の間でもてはやされた建築様式の一つ、
立体的な彫刻と、極彩色な配色がその特徴。

政宗公の現代にも通じる大胆なデザイン感覚は、
その衣装や京都上洛の行列から有名であるが、
この瑞鳳殿からもその時代の気質、空気が存分に読み取れる。

桃山建築
▲見事に再建された霊廟

#1瑞鳳寺

緑と静寂に包まれた
政宗公の菩提寺

瑞鳳殿の参道途中、
緑に覆われた政宗公の菩提寺
瑞鳳寺がある。

極彩色の霊廟とは対照的に、
木の色そのままの本殿と
深い緑のコントラストが
心に落ち着きを与える美しさだ。

瑞鳳寺

写真 Photograph