1. ホーム
  2. サブカルチャー
  3. 日本アニメーションレビュー

Review・Colum NEW

1つ戻る1つ戻る

  • 現在多言語対応準備中です。

夏目友人帳

夏目友人帳

TV版

なんと美しい風景だろう、山も川も――人の心も。

オススメ度:★★★★★

なんと美しい風景だろう、山も川も――人の心も。

推荐度:★★★★★

なんと美しい風景だろう、山も川も――人の心も。

推薦度:★★★★★

なんと美しい風景だろう、山も川も――人の心も。

Recommend:★★★★★

制作:ブレインズ・ベース 2008

Key word

  • 癒し系
  • 少女漫画系
  • 泣ける(号泣)
  • 切ない
  • エンディングテーマ良し

STORY

原作:緑川ゆき。月刊LaLa・LaLaDX(白泉社)。
「妖し」が見えてしまう高校生、夏目はすでに両親がいない。
親戚の家を転々としながら生きてきた。普通の人が見えないものが見えてしまう夏目はどこか人と相容れない。

夏目はかつて祖母が過ごした山里に越してきた。祖母、レイコも同じように妖しが見えるためにいつも独りだった。
独りの寂しさから妖しと勝負をして、次々と子分にしていくレイコ。
彼女が残した「友人帳」を巡って、夏目と妖しの心の交流が始まる――。

REVIEW

毎話、毎話、泣きながら見ています。心が洗われるアニメ。
その生い立ちから、初め何にも期待せずかたくなな夏目の心が、少しずつ開いていく様子に、
夏目が徐々に、妖しを、人間を、そして自分自身を知ろうとしていることに気づきます。
絵柄はさらりとしているのですが、動きを得るとその線の細さがかえって叙情的。
日本独特の山里の美しさとあいまって、郷愁を誘います。
エンディングテーマ、中孝介さんの「夏夕空」に到った頃には号泣です。
ぜひ自分の子供時代を、ふるさとを思いながら見てほしい作品。