1. ホーム
  2. 香港
  3. 尖沙咀街市大牌檔的早餐

香港 NEW

Review その他 NEW

1つ戻る1つ戻る

  • this contents is written in Japanese only

尖沙咀街市大牌檔的早餐

2010.08.29

香港ルールは奥深いのですね…。

最初のうちは着席とオーダーで手一杯だった香港での食事も回を重ねると、周りの様子がよく見えてくる。
おかゆ屋さんにチワワ連れで来る家族。料理よりテレビの最終回に釘付けな人々。近所のおばちゃんとの話に余念がない老板娘(おかみさん)。
最近の楽しみは如何にうまく現地にとけ込むかということ。
卒なくオーダーできて、卒なく食事を終えると「う~ん成長したなぁ」なんて思う。

宿が尖沙咀のときは、たまに高架下市場の大牌檔(屋台)で朝ごはんを食べることも。
観光客が多い地域なので入りやすい所。
この日も定番の西多士(フレンチトースト)を頼む。隣は若いサラリーマン。
何を頼むのかな?、と耳をダンボにする。

サラリーマン「凍奶茶。(アイスミルクティ)」
老板娘「飲凍奶茶、食セ[0野呀?](飲み物はアイミルクスティ、食べ物は?)」
サラリーマン「…是但啦(お任せで?)」
老板娘「是但!?(お任せ!?)」
サラリーマン「你主意啦(決めちゃって)」
老板娘「我主意!?(私が決めんの!?)」

尖沙咀街市大牌檔のある日の光景

果たして何が出てくるか興味津々。
結局おばちゃんが選んだのは、朝ごはんにしてはボリューミーな豬扒麺(豚ステーキ麺)。
朝からすごいなと思ったが、香港人に言わせると「普通」なんだそうで。
まあ確かに香港で朝、公仔麺(インスタントラーメン)を頼むと普通に目玉焼きとトーストが付く。
実はこれも香港人の定番なのだ。

定番公子麺
▲定番公仔麺セット

こんなローカルな様子が見られるなんて、自分も馴染んだな~。なんて思っていると
老板娘がやってきた、おもむろに私の凍奶茶を持ってザックザック混ぜ始めた。

老板娘「凍奶茶は、混ぜるんだよ~!!」(ザックザックザック)

何度行っても新しい発見、香港ルール。香港に馴染みきるのはいつの日か!?